Menu

おすすめのfax一斉送信ソフトの種類

faxを使うのはもうほぼ企業だけといっても過言ではないかもしれません。しかし企業でも毎日のfaxの紙の補充や通信費用などのコストがかかることから、使用するにも予算を切迫していることもあります。そこで今人気になっているのが、インターネットfaxです。インターネットのサーバーに送りたいfaxを送信して、取引先に送るという方法です。まず、faxの危機の導入がいらずパソコン一つでいくつもの通信元が作れ、faxをすることができる画期的なサービスです。替えの紙や他のメンテナンスが必要なくかなりのコストの削減ができます。そもそもfaxの送信には電話回線が必要で、その電話回線を引く費用が思っているよりも高くつくので、導入を考えているならおすすめです。また、一斉送信のソフトが使えるものが人気で、あて先をいくつか入れるだけで同じものを一斉に送れます。

メールが使えるならおすすめのソフト

faxで一斉送信を行うソフトが使えるようになったのは、インターネットfaxの導入がきっかけで今までは一枚ずつあて先の電話番号を入力して贈る必要がありました。そのため、同じ文章でも30人に送るとなるとそれなりの時間がかかり、他の作業ができないこともありました。時間の削減に向いてもいるこのサービスは、複雑な設定もいらず登録するだけで電話番号を手に入れることができ、faxを送るために動作もメールを送る感覚で、サーバーに専用アプリを使って行うことができます。また、メールに相手先からのfaxが来た際にお知らせメールが来るというサービスもあり、実は来ていたのに気づかなかった、自動で印刷でもほかの物に埋もれて見つからないなどというミスが減らせるという利点があるので忙しいオフィスでもおすすめです。

コストはどのくらい抑えられるのか、気になる運用のお試しは

一度導入を検討するにも、本当に便利なのか、やってみてもやっぱりfaxの機械の方があっているかもしれないという人はなかなか手がでません。そこであるソフトでは、30日間トライアルというサービスがあり、体験してみてから本運用に使うということが気軽にできます。しかし、30日経っても連絡をしないとそのまま入会ということになることがほとんどなので、自分で日にちを確認しておくことが大切です。またサービスによっては、月150枚は無料でfaxが送れるというソフトもあります。そのため、毎月はそこまで多くなく、繁忙期に限っては一斉送信などで150枚以上になるという企業においては、多く使った時だけ費用はかかりますが、普段の月はコストが減らせるという点もあります。気になるどのくらい抑えられるのかですが、3割ほど減らすことができたという企業もあります。