faxを一斉送信したい時のソフトについて

会社や自宅にfax機がなくても、パソコンでfaxの送受信が可能になります。さらに、fax一斉送信ソフトを使用する事によって、インターネットにつながっているパソコンから原稿ファイルが送信出来ます。fax機からの送信では、1件1件の送信しか出来ませんが、一斉送信ソフトを使用する事で、最大2万件まで一斉に送信可能になり、手間のかかる作業が不要になります。fax機からのfax送信は1枚あたり10円程の経費がかかりますが、一斉送信ソフトであれば、日本全国一律1枚5円の経費で送信可能になります。ソフトの導入に関して、初期費用や月額費用などの固定費が発生しないので、コストの心配もありません。ソフトの会員登録も無料で出来るため、最短で1時間後からfax一斉送信が可能になります。

わざわざ書類をプリントアウトしなくても直接送信出来ます

今までのfaxの送信方法では、送信する書類一式をパソコンからプリントアウトして揃える必要がありました。書類の枚数によって通信料も発生していました。Faxソフトを使用して一斉送信すると、パソコンからインターネット回線を使用して送信する為、パソコンのデータをそのままで送信する事が可能になります。一斉送信する為に通信料も抑える事が出来ます。インターネットを使用したfax送信であれば、PDFファイル・JPEG・GIF・オフィスソフトのデータを送受信可能になります。Eメールに添付する方法で送受信出来る為、パソコン以外でもスマートフォンで確認・閲覧も可能になります。faxの一斉送信のソフトを取り入れる事によって、業務の負担が少なくなり、コスト削減にも期待が出来るので、導入をお薦めします。

ソフトを提供している会社によって特徴が変わります

インターネット回線を使用してのfax一斉送信が主流になりつつあります。このネットfaxサービス会社は多数あり、それぞれ会社のfaxソフトのメリットとデメリットがあるので、比較してみましょう。比較する項目としては、月額料金・送信料金・受信料金・枚数別料金比較となります。自分の会社では、毎月どのくらいの枚数のfaxを送信しているか・受信しているかが分かると自分の会社に最適なプランの会社を探しやすくなります。インターネット回線で、PDFファイルを送受信するのであれば、Eメールでも良いのでは?と思う方もいます。お互いにメールを送受信出来る関係性があれば、問題はありません。相手側がfaxのみ受信可能であれば、送信してもエラーになります。確実に送信する為には、インターネットfaxが有効になります。